フルートの値段の違いについて

フルートは、安いものは数万円。高いものになると数百万円もします。

見た目は同じなのになぜこれだけ値段に違いが出てくるのか、フルートをやったことがない方だと違いの理由は分かりにくいと思います。

フルートの値段の一番大きな違いは、使っている材料とその割合です。

例えば、数万円のフルートは、銀色をしていますが材料は銀ではなく、合金に銀メッキをしてあるモデル。

そこから10万円~20万円くらいのフルートになると、頭部管といって息を吹き込む管全体が銀で出来てきます。

そのため、数万円のフルートに比べると銀を使っている量が増えるので、値段が高くなります。

それよりも高い30万円前後の値段のフルートになると、今度は指で押さえるキーの部分以外が銀で出来ています。

そのため、頭部管銀製のフルートよりも値段が高くなる。

このような感じで、使われている銀の割合が増えていくにつれて、どんどん値段が高くなっていきます。

簡単に説明すると、値段の差は使っている材料の差になってきますので、そういう目でカタログを見ていただくと今まで分からなかった値段の差の理由が分かってくると思います。